スゴろくニュース

上司の家にガソリンをまいて…山梨県笛吹市職員の起訴を受け、市長が改めて謝罪

2020.09.19 19:09

上司の家にガソリンをまいて…山梨県笛吹市職員の起訴を受け、市長が改めて謝罪

上司の家にガソリンをまいて、放火と殺人の準備をしたとして、山梨県笛吹市職員の男が起訴されたことを受けて、山下政樹市長は、19日改めて謝罪しました。
笛吹市役所観光商工課の主査・馬場渉被告は、8月28日、上司の家の台所におよそ1.6リットルのガソリンをまいて、殺人と放火の準備をしたとされ、殺人予備などの罪で起訴されました。
19日の会見で、馬場被告は「上司に引き継いだ業務に関する書類を、関係機関に提出するのを忘れていて、このミスを隠すため犯行に及んだ」と話していることが明らかになりました。
笛吹市では、今後、馬場被告の他、市長を含め処分する方針です。


919日(土)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース