スゴろくニュース

学校司書が選ぶ コロナ禍の今、読んでほしい本

2020.09.12 19:24

学校司書が選ぶ コロナ禍の今、読んでほしい本

新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたちに、今だからこそ読んでほしい本を選んだ特設コーナーが、山梨県昭和町の書店に設けられています。
イトーヨーカドー甲府昭和店にある「柳正堂書店」。
こちらには、山梨県内の学校司書が選んだおすすめの本を集めた特設コーナーが、9月1日から設けられています。
新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたちに、本を通して思いやりの心を育み、前向きになってもらおうと、企画されました。
本のプロの目線から、今読んでほしいと集められたのは、26冊。
このうち、絵本の「いのちをいただく」は、食肉センターに勤める坂本さんが、小さな女の子と一緒にやってきた牛の「みいちゃん」を解体する葛藤を描き、命の重みについて問いかけています。
このほか、新型コロナについて分かりやすく学ぶことができる絵本や、友達関係や勉強などストレスを抱える10代の心を前向きにさせる本などが並んでいます。
この特設コーナーは、9月いっぱい設けられています。


912日(土)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース