スゴろくニュース

リニア 地上区間に防音防災フードを山梨県知事が要望

2020.09.11 19:15

山梨県の長崎知事はリニア中央新幹線についてJR東海に要望書を提出しました。
県内の地上区間について全面的に防音防災フードを設置することなどを求めました。
9月11日、長崎知事と沿線の5の市と町がJR東海の東京本社を訪れ金子慎社長に要望書を手渡しました。
要望では、リニア中央新幹線の県内の地上区間27.1キロメートルについて原則として全面を防音防災フードで覆うことを求めました。
防音防災フードは沿線住民の環境対策として極めて重要とし更に富士山が噴火した場合の火山灰に対する防災の面からも不可欠だとしています。
要望は冒頭以外を除いて非公開で行われましたがJR東海からは全面を防音防災フードで覆うのは、空気抵抗により出る熱を逃がしたり換気をすることが技術的に難しいと話が合ったということです。
また、このほか県期成同盟会として静岡県が着工を認めていない工区について静岡県と迅速に協議し早期に着手することなどを求めました。


911日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース