スゴろくニュース

甲府36.3度 勝沼36度 5日連続の猛暑日

2020.08.13 19:15

山梨県内は8月13日も暑くなり甲府と勝沼では5日連続で35度を超える猛暑日となりました。
甲府地方気象台によりますと県内は高気圧に覆われ朝から気温があがり各地の最高気温は甲府で36.3度、勝沼で36度南部で35.4度などとなりました。
甲府と勝沼は5日連続の猛暑日です。
こうした中、甲府市の遊亀公園付属動物園では多くの動物が日陰に入って寝転んでいる姿が見られました。
こちらでは動物の熱中症対策としてゾウの水浴びの回数を増やしたりリンゴやバナナが入った特製の氷を作ってミニブタにプレゼントしたりしていました。
一方、県内ではこの日も搬送者が相次ぎ40代から80代までの男女7人が熱中症の症状で病院に運ばれました。
また、12日は北杜市大泉町の畑で倒れていた60代男性が死亡しました。
今年県内での熱中症による死者は2人目です。
県内では14日も甲府で37度が予想されるなど猛烈な暑さが続く見込みで気象台は引き続き熱中症へ注意・警戒するよう呼び掛けています。


813日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース