スゴろくニュース

今後も熱中症厳重警戒 勝沼38.2度 全国一の暑さ

2020.08.12 19:55

8月12日の山梨県内も高気圧に覆われて気温が上昇し勝沼では最高気温が38・2度と全国一の暑さとなりました。
13日も猛烈な暑さが続く見込みで熱中症への厳重な警戒が必要です。
日中の最高気温は勝沼で全国で最も高い38・2度、甲府で38度、河口湖で32・8度と県内の観測10地点のうち7地点で今年1番の猛烈な暑さとなりました。
こうした中、昭和町の押原公園では子どもたちが噴水で水浴びをして遊んでいました。
熱中症も相次ぎ各消防本部によりますと午後5時半までに20代から104歳までの男女14人が病院に運ばれました。
症状の重い人はいないということです。
一方、午後からは大気の状態が不安定になりました。
13日も猛烈な暑さが続き最高気温は甲府で35度、河口湖で31度と甲府では5日連続の猛暑日が予想されていて、気象台は熱中症に厳重に警戒するよう呼びかけています。


812日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース