スゴろくニュース

救急救命士に聞く 熱中症対策のポイント

2020.08.06 19:30

連日暑い日が続いていますが注意しなくてはいけないのが熱中症です。
救急救命士に熱中症対策のポイントを聞きました。
熱中症は体の水分や塩分などのバランスが崩れてしまい体温調節がうまくいかなくなることで起きます。
山梨県によりますと梅雨明けが発表された8月1日から8月5日までの5日間に30人が熱中症で救急搬送され特に「高齢者」が多く「屋内での発症」が目立っています。
熱中症予防にはこまめな水分・塩分補給や室内の温度調整などが重要ですが今年の夏は感染予防との両立が求められています。
万が一熱中症の症状がみられた場合や意識がない場合は救急車を呼んで欲しいとしています。
8月7日以降も暑くなる予想の県内。
消防では涼しい時間に活動するなど注意しながら生活して欲しいと呼びかけています。


86日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース