スゴろくニュース

各地で気温上昇 山梨県甲府は2日連続猛暑日 熱中症相次ぐ

2020.08.06 19:30

山梨県内は、8月6日も朝から気温が上がり甲府は2日連続で35度を超える猛暑日となりました。
こうした中、熱中症による搬送者も相次ぎました。
県内は朝から気温が上がり各地の最高気温は甲府で35.2度、勝沼で34.7度大月で33.6度などと山中湖を除くすべての地点で30度を超え大月と河口湖では今年最高を記録しました。
このうち甲府では2日連続で猛暑日となりました。
この暑さで8月6日も熱中症による搬送者が相次ぎました。
消防によりますと甲府市や山梨県富士河口湖町など7つの市と町で60歳代から100歳代までの男女8人が熱中症の症状で病院に運ばれこのうち5人が中等症でした。
県内は、8月7日も気温が上がる見込みで日中の予想最高気温は甲府で36度、河口湖で33度となっていて引き続き、熱中症への注意が必要です。
一方、大気の状態が不安定となっていて夜遅くまで雷を伴った強い雨が降る所もある見込みです。


86日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース