スゴろくニュース

種から自分で育てる 大麻所持で起訴の男 山梨県甲府の自宅で栽培

2020.07.31 19:15

大麻草を隠し持っていたとして逮捕された山梨県甲府市の男が7月31日起訴されましたがこの男は自宅で大麻草を栽培していたことが警察の捜査で分かりました。
大麻取締法違反で逮捕・起訴されたのは甲府市屋形1丁目の無職、手塚光宏容疑者43歳です。
手塚容疑者は、今年4月、自宅でプランターに植えられた大麻草1株を隠し持っていたとして現行犯逮捕されました。
その後の警察の調べで大麻草は2株合わせて200グラムあり手塚容疑者が、去年8月中旬から自分で種から育てたものであることがわかりました。
手塚容疑者は、容疑を認めているということで警察は種の入手経路を調べています。
一方、東京都の22歳と23歳の大学生ら男4人が今年1月、山梨県富士河口湖町のペンションで隠し持っていた違法な合成麻薬=LSDを使用したとして7月31日、起訴されました。
警察によりますと4人は、昔からの友人で警察は、入手ルートなどについて調べを進めています。


731日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース