スゴろくニュース

販売はじまる 疫病退散「ヨゲンノモモ」初収穫

2020.07.27 19:00

疫病退散のご利益があるとされるヨゲンノトリをモチーフにしたイラスト入りのモモが7月27日、初収穫を迎え山梨県山梨市と甲州市の直売所で販売されています。
JAフルーツ山梨は、新型コロナウイルスの終息の願いを込めて「ヨゲンノモモ」の生産をはじめ、7月27日甲州市の畑で約50個が初収穫されました。
モモは今が旬で色づきが良い「なつっこ」という品種で、江戸時代末期にコレラを予言しその姿を拝むと疫病の難から逃れられると言い伝えのあるヨゲンノトリをモチーフにしたイラストが入っています。
用いられたのは、果実にイラストをいれる県の特許技術で収穫の2週間ほど前に光を遮るシールを貼ったストッキングを被せることで形が浮かびあがるということです。
この「ヨゲンノモモ」は、JAフルーツ山梨の直売所である八幡店と勝沼店で900個限定で8月上旬まで販売される予定で、価格は1個1000円からとなります。


727日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース