スゴろくニュース

山梨県甲斐市社会福祉協議会 夏休み中子どもがいる家庭 食料支援へ

2020.07.13 19:30

新型コロナウイルスの影響で経済的に困っている家庭の子どもたちに夏休み中に食料を届けようという新たな取り組みが山梨県甲斐市で始まりました。
新たに食料支援を行うのは甲斐市の社会福祉協議会です。
こちらでは生活に困っている人達への食料支援が4月以降倍以上に増えていることから夏休み中の子どもたちが食べ物に困らないようにと今回子どものいる家庭を対象に初めて支援を行うことにしました。
対象は甲斐市内の公立の小中学校に通う子どもがいる家庭のうちひとり親家庭や住民税が非課税の世帯それに新型コロナウイルスの影響で生活に困っている世帯です。
甲斐市内の小中学校にチラシを配り7月13日申し込みの受け付けを始めました。
家庭に送る食料は米やレトルトカレーそれにカップ麺や菓子などおよそ1週間分。
7月下旬からお盆までの夏休み期間中に郵送や手渡しで贈るということです。
なお支援する食料は企業や団体、個人からの寄付が頼りということで市役所や農産物直売所など市内9か所で食料の寄付を受け付けています。
対象となる家庭が全て申請すれば500世帯を超えるため甲斐市社協では大勢の人からの寄付を呼びかけています。


713日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース