スゴろくニュース

戦後75年 山梨平和ミュージアムで企画展

2020.07.11 19:12

戦後75年 山梨平和ミュージアムで企画展

今年は、終戦から75年を迎えますが、山梨県甲府市では、戦争関連の資料などを集めた企画展が開かれています。
この展示会は、戦争体験者の高齢化が進む中、当時の記憶を継承していこうと甲府市の山梨平和ミュージアムが開いています。
戦争を体験した人達が身に着けていたカバンや水筒のほか、それぞれの証言がパネルで展示されています。
このうち、山梨県南アルプス市出身の今津茂さんは、負傷した兵士の手当をする「衛生兵」として、当時中国で捕虜の生体解剖に立ち会い、命を救うための医療で人を殺してしまう葛藤を証言しています。
この企画展は、2020年12月まで開かれています。


711日(土)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース