スゴろくニュース

大雨警報は解除でも 7月12日にかけ雷伴う強い雨も

2020.07.10 19:15

山梨県内は大雨警報は解除されましたが7月12日ところにより雷を伴った強い雨が降る見込みで気象台は土砂災害に注意、警戒を呼びかけています。
また今後2週間程度曇りや雨の日が多い状態が続くとしています。
甲府地方気象台によりますと県内は大雨警報は解除されていますが7月12日にかけて雷を伴った強い雨が降るところがある見込みです。
また6月25日頃から雨の日が多く続いていて7月9日までの降水量は南部で926・5ミリ、山中湖で518・5ミリ、甲府で231・5ミリなどとなっていて南部では平年の6倍以上、甲府も3倍以上の降水量となっています。
気象台は地盤が緩んでいるところがあるとして引き続き注意・警戒を呼び掛けています。
また7月11日午後6時までに予想される雨の量は中北地域と峡南地域、それに富士五湖で50ミリ、峡東地域と東部で30ミリとなっています。
さらに7月12日は各地で50ミリから100ミリの雨が予想されています。
甲府地方気象台は今後2週間ほどは曇りや雨が続くとして農作物の管理にも注意を呼びかけています。


710日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース