スゴろくニュース

山梨県内広範囲で雨 7月9日明け方まで土砂災害に警戒

2020.07.08 19:20

山梨県内は梅雨前線の影響で広い範囲で雨となり、気象台では7月9日明け方まで土砂災害に警戒し河川の増水に注意するようよびかけています。
甲府地方気象台によりますと、梅雨前線が停滞し、湿った空気が流れ込んだ影響で、7月8日県内では広い範囲で雨となりました。
7月3日の降り始めからの雨量は7月8日午後4時までで南部で553ミリ、河口湖で206.5ミリ、甲府で95.5ミリとなっています。
このうち南部では7月8日午後3時半までの72時間に降った雨の量は、372.5ミリを観測し7月の観測史上最大となりました。
この影響で停電も起きています。
甲府市で70軒、早川町で40軒、甲斐市で10軒未満が停電していて東京電力では7月8日中の復旧に向け作業をしているということです。
なお県内では午前7時40分に土砂災害警戒情報が南アルプス市と北杜市、それに早川町に発表されましたが、午前10時ごろ解除されました。
7月9日午後6時までに予想される24時間の降水量は峡南地域で80ミリ、中北地域と富士五湖で60ミリ、東部・峡東地域で40ミリの見込みです。
その後の24時間は50ミリから100ミリとなっています。
7月8日も雷を伴った強い雨が降る見込みで、気象台では明け方まで土砂災害に警戒し河川の増水にも注意するようよびかけています。


78日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース