スゴろくニュース

人口減少社会の中 共通課題に連携 市町が実務者会議

2020.07.07 19:10

山梨県甲府市とその周辺の自治体が人口減少などの共通する課題に対し連携して取り組むため実務者同士の初めての会議が7月7日開かれました。
この会議は人口減少や新型コロナウイルスの影響による地域経済の落ち込みをともに乗り越えていこうと甲府市の呼びかけで開かれたものです。
峡北、峡中、峡東地域の9つの市と1つの町が参加していて、この日はこの地域の人口が現在の58万人から、2045年には2割以上減り45万人程度になることが報告されました。
このため広いエリアを政策の対象地域にして新しい形の都市機能のあり方を探っていくことになりました。
会議は政策の立案などを担当する実務者同士で月に1回程度行われ次回はそれぞれの自治体で抱える課題を出し合うことにしています。


77日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース