スゴろくニュース

リニア開業遅れ懸念の中 初の検討会 山梨県 2027年開業を前提に整備へ

2020.07.07 19:10

山梨県甲府市に設置されるリニア駅への交通アクセスについての初めての検討会が開かれました。
県はリニア開業の遅れが避けられない状況となる中、当初の予定通り2027年開業を前提に整備を進める考えを示しました。
リニア中央新幹線をめぐっては、静岡県内の工事をめぐりJR東海と静岡県が対立して着工できず2027年の開業の遅れが避けられない状況となっています。
こうした中、リニア山梨県駅前の交通アクセスを検討する有識者や関係自治体による初めての会議が開かれました。
この中で県は、不透明な状況であるものの2027年のリニア開業を前提に交通アクセスの整備計画を進める考えを示しました。
また7月7日の検討会では、開業効果を全県に波及させるため甲府市大津町のリニア駅とJR身延線小井川駅とを結ぶシャトルバスや他の駅とのアクセス向上策などについて2021年1月までに提言をまとめることにしました。


77日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース