スゴろくニュース

新型コロナ感染防止に対応 市町村が参加 避難所運営の講習会

2020.07.02 19:20

新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応した避難所の運営方法を学ぶ講習会が7月2日山梨県中央市で開かれました。
この講習会は県が開いたもので、各市町村の担当者など約80人が参加し新型コロナウイルスに対応した避難所運営を学びました。
講師として招かれたNPO法人「災害・防災ボランティア未来会」の山下博史代表は飛沫感染を防ぐパーテーションについて夏は風の流れを塞ぎ、熱中症の危険もあることを指摘し、排気をしっかりするなど環境や地域性に応じた対応をすることが大切だと話しました。
その後、参加者が防護服の着方と脱ぎ方を体験し、2人一組で行うことや汚染した部分が内側にくるように脱ぐなど担当者から指導を受けていました。


72日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース