スゴろくニュース

大規模災害の発生に備え 山梨県富士吉田市が富士北麓の2団体と協定

2020.05.28 19:20

大規模災害の発生に備え山梨県富士吉田市は、富士北麓地域の2つの団体と協定を結びました。
有事の際は緊急を要する看板の製作や指定避難所の危険度を判定します。
富士吉田市と協定を結んだのは市内12の塗装業者などで構成される富士吉田塗装工業会です。
協定には地震や台風など大規模災害発生時に市内の施設の機能確保や円滑な復旧作業などが盛り込まれています。
具体的な内容は、災害で分かりにくくなった指定避難所の場所や危険か所を示す看板を新たに製作、設置することや倒壊の恐れがある建物に赤い塗料を付け警告を表示することなどとなっています。
また、富士吉田市は県建築士会北富士支部とも協定を結びました。
地震発生時に市内15か所にある指定避難所の建物の危険度を判定し避難所としての安全性を確認することを申し合わせました。


528日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース