スゴろくニュース

山梨県の地場産業の宝飾業界 売り上げ落ち込むも新ビジネススタイルを模索

2020.05.26 19:00

5月25日、全国で緊急事態宣言が解除されましたが、新型コロナウイルスの影響で山梨県を代表する地場産業のジュエリー業界では売上が大きく落ち込んでいます。
こうした中、企業は感染のリスクを抑えた新たなビジネススタイルを模索しています。
山梨県甲府市のジュエリーメーカー「光新」は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出された4月からバイヤーなどが集まる展示会が軒並み延期や中止となったことや、県外への出張が出来なくなり売上が大きく落ち込んでいます。
5月25日、全国で緊急事態宣言が解除されたものの、海外も含めた展示会などの再開予定は早くても8月以降の予定です。
また徐々に営業を再開し始めている東京の大手百貨店では、宝飾品の売り場の休業を続けるケースもあり売上回復には時間がかかると見られています。
そこで新たな販路として期待しているのがインターネットでの通信販売です。
ジュエリーは高価なためこれまで対面での取引が中心でしたが、感染のリスクを抑えた新たなビジネススタイルとしてジュエリーメーカーの組合では今後、オンラインでの展示会も検討しています。


526日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース