スゴろくニュース

新型コロナウイルス 山梨県内で5月19日新たに2人が感染

2020.05.20 19:00

山梨県内では、5月19日新たに2人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。
このうち1人は山梨市の保育園児で、感染者が確認された市は5月25日に再開予定だった市内11の小中学校の休校を1週間延長することを決めました。
県と山梨県甲府市によりますと5月19日、感染が確認されたのは甲府市、山梨市、笛吹市、中央市を生活圏とする男の子と甲府市に住む30代の女性の2人です。
このうち、男の子は、5月18日感染が確認された20代の女性と同居する親族で濃厚接触者として5月19日、PCR検査を受け、陽性が確認されました。
症状はないということです。
そして5月20日、山梨市が、感染した男の子は市内の公立保育園に通っていることを明らかにしました。
男の子は、5月18日、保育園に通っていて園では、5月19日、保健所の指導のもと消毒を行いましたが感染拡大防止のため5月中は休園することにしました。
感染者が確認されたことを受け、市では5月25日に再開を予定していた市内の小中学校11校すべてで休校を一週間延長し再開を6月1日にすることを決めました。
また男の子の親族で5月18日、感染が確認された20代の女性について感染経路はわかっておらず県は市中感染の可能性が高いとしています。
一方、甲府市に住む30代の女性は、5月17日に頭痛の症状が出て、5月19日のPCR検査の結果、感染が確認されました。
軽症ということです。
県内での感染者はこれで60人となりました。


520日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース