スゴろくニュース

県内経済に打撃 中小企業への金融支援 知事が要請

2020.03.26 20:30

新型コロナウイルスの感染拡大は山梨県内の経済へ深刻な影響を与えています。
長崎知事は県内の金融機関に対し中小企業への資金繰りに支援を求めました。
3月26日、長崎知事は県内の金融機関の代表者などおよそ20人と会合を開き中小企業への金融支援の要望書を手渡しました。
要望では新型コロナウイルスの感染拡大により厳しい経営環境にある中小企業に国や県が行っている融資制度の積極的な活用や既に借りている返済の猶予などを求めています。
また政府系金融機関の日本政策金融公庫では条件を満たすと3年間は実質、無利子となる貸付制度があり、甲府支店の担当者から3月は申込件数が去年と比べ4.5倍の700件に上っていることが報告されました。
こうした中、新型コロナウイルスの感染の広がりにより市川三郷町の給食用食材の卸売業者がおよそ1億円の負債を抱え経営破たんしました。
民間の信用調査会社帝国データバンクでは経営環境の悪化はホテル・旅館といった観光業から現在は小売りや地場産業など様々な産業に広がっているとみています。
また、売上減少で返済計画が見通せず融資の申請をためらっている企業もあると話します。
新型コロナウイルスの感染拡大に終息が見えず、様々な業種の企業で厳しい経営環境が続きそうです。


326日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース