スゴろくニュース

臨時休校で売上激減 新型コロナで初 食材卸業者が経営破たん

2020.03.25 19:58

新型コロナウイルスの影響で山梨県内初の経営破たんです。
市川三郷町の給食用食材の卸売業者が自己破産の手続きを準備していることが分かりました。
自己破産手続きの準備に入ったのは市川三郷町の給食用食材の卸売業「新和」です。
帝国データバンクなどによりますと「新和」は1977年に設立された会社で2012年8月期にはおよそ4億5200万円の売上高を計上しました。
しかし同業他社との競争が激化し去年8月期の売上高はおよそ2億1900万円と赤字決算が続いていました。
そして新型コロナウイルスの影響で学校が臨時休校となり給食がなくなったことで売上高が激減し資金繰りが限界に達したとして3月23日までに事業の継続を断念したということです。
債権者は40社ほどで負債総額はおよそ1億円にのぼります。


325日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース