ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

新型コロナウイルス 電話相談センターを新たに設置 旅館組合は対策研修会

2020.02.10 20:07

2月10日、新型コロナウイルス対策として山梨県は中国・湖北省に渡航歴があり発熱などの症状がある人を対象にした新たな電話相談センターを設置しました。
また笛吹市内の宿泊や飲食業の関係者は感染対策を学ぶ研修会を開きました。
帰国者・接触者相談センターは発熱やせきなどの呼吸器症状があり、中国・湖北省への渡航歴か新型コロナウイルスに感染した人に接触歴がある人の相談窓口です。
感染が疑われる場合の相談者の不安を軽減し医療機関を発端とする感染拡大を防ぐため国からの通知に基づきこの日設置されました。
37度5分以上の発熱があるなどが相談の要件でセンターの担当者が症状をなどを聞き取り対応や受診する病院などを調整します。
窓口は支所を含め県内6つの保健所です。
一方、笛吹市の石和温泉旅館協同組合は新型コロナウイルスの対策を学ぶ研修会を開き峡東保健所の担当者から説明を受けました。
保健所の担当者は感染対策としてマスクを捨てる時に外側の面を触らない洗った手を拭くタオルは1人1人専用のものを用意し共有しない、といったポイントを説明しました。
石和温泉郷では宿泊のキャンセルが1月末からこの日まで約7000人分にのぼり新型コロナウイルスを巡る影響が深刻になっています


210日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース