ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

49日ぶりに国道20号の通行止め解除

2019.11.29 19:00

先月の台風19号の影響で橋脚の一部が沈み通行止めとなっていた山梨県大月市の国道20号にかかる法雲寺橋の応急復旧工事が完了し、29日通行止めが解除されました。
大月市初狩町にある国道20号の法雲寺橋は、台風19号の大雨で橋脚の一部が沈み橋がゆがんだため先月12日から通行止めとなっていました。
国土交通省は橋げたの補強や舗装など応急の復旧工事が完了したため29日正午、49日ぶりに通行止めを解除しました。
通行止め解除とともに多くの車が行き交い、ドライバーや近くのガソリンスタンドから喜びの声が相次ぎました。
一方、今回は仮の復旧で、車道だった部分の一部を歩道にしたため道幅は以前より狭くなり、国土交通省は速度を落として慎重に運転するよう呼びかけています。
今後は下流側に新たな橋を建設し、今の法雲寺橋は将来取り壊すことにしています。
なお通行止めの解除に伴って、う回路となる中央道の勝沼ー大月間の無料措置は終了しました。
また29日は台風19号で被災した早川町湯島の県道南アルプス公園線の仮設道路が完成し県道の通行止めが解除されました。


1129日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース