ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

中部横断道の南部区間 開通による経済効果135億円

2019.11.08 19:30

中部横断道の南部区間 開通による経済効果135億円

中部横断道の南部区間が来年中に全線開通し山梨と静岡がつながることで見込まれる山梨県内への経済効果が年間135億円に上ることが分かりました。
これは山梨経済同友会と試算にあたった山梨大学の武藤慎一准教授らが11月8日明らかにしたものです。
それによりますと中央道と接続する双葉JCTから東名高速とつながる静岡県の新清水JCTまでの中部横断道の南部区間が来年全線開通することで山梨ー静岡間の交通量が増加し県全体で見込まれる年間の経済効果は135億円に上ると試算しました。
内訳は移動時間の短縮による効果が74億円、観光客の増加や原料調達コストの削減などによる効果が61億円とみています。
ただ企業側が開通の効果を利益に反映できるよう努力は必要と指摘しました。
経済同友会はこの試算を元に県や市町村と連携し中部横断道を活用した地域活性化に取り組みたいとしています。


118日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース