ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

山梨県が校長にアンケート調査 25人学級 教室確保が課題

2019.10.28 19:25

山梨県が導入を検討している公立小中学校での25人の少人数教育について小中学校の半数が課題として教室の確保をあげていることが県教育委員会の調査でわかりました。
少人数教育の導入について県教育委員会は山梨県内の公立小中学校247校の校長を対象にアンケート調査を行ないました。
それによりますと小1から中3の間で25人学級を最初に導入するのが望ましい学年として6割を超える152の学校長が小学校1年生を選びました。
主な理由として学校教育の出発点で学習面や生活面で児童一人一人にきめ細かい指導が必要としています。
一方で課題として半数の校長がクラスの数が増えることで教室の確保が難しくなることを上げました。
県教育委員会はこの結果も踏まえて今年12月の有識者による検討委員会で少人数教育の実施計画についての原案を提示することにしています。


1028日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース