ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

火山活動の観測 富士山のマグマ探知 重力計を初設置

2019.10.01 20:10

富士山のマグマの観測では初めてのとなる重力計が10月1日、山梨県富士山科学研究所に設置されました。
噴火予知にむけ2020年秋ごろの本格運用を見込んでいます。
富士山の観測で初めて使用される重力計は県富士山科学研究所が観測体制を強化するために新たに取り入れました。
地下のマグマが上がってくると極わずかに重力が大きくなることがわかっていて、この重力計で富士山の地下のマグマの動きを調べます。
極めて精密な装置で県富士山科学研究所内の観測点に設置したあと正常に作動するかをテストしました。
富士山には100近い観測機器が設けられ山の膨らみや地下深くの振動などを調べていますが重力計の設置は初めてです。
この重力計は1秒ごとの重力の変化を追うことができ、24時間、常時観測されます。
今後4合目と5合目にも重力計を設置する予定で複数の地点で重力の変化を観測することでマグマの上昇を捉え噴火の予知に繋げます。
重力計は雨などで起きるわずかな重力の変化も捉えるため、しばらくは試し運転で機械の特性を調べ2020年秋ごろ本格的に運用することを目指しています。


101日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース