ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

ブタの頭数は大幅減 山梨食肉流通センター セリ再開

2019.09.19 20:05

埼玉県の養豚場から豚コレラに感染したブタが出荷された山梨県笛吹市の山梨食肉流通センターは、防疫措置が終わったことで9月19日、8日ぶりにセリを再開しました。
笛吹市石和町の山梨食肉流通センターは埼玉県秩父市の養豚場から豚コレラに感染したブタが出荷された問題から家畜の受け入れやセリを停止し、施設内の消毒など防疫措置をとっていました。
その作業が完了し、8日ぶりにブタのセリが行われました。
このセリは衛生対策で関係者以外の立ち入りは禁止され、センターによりますと通常は100頭前後のブタがセリにかけられるのに対し、この日は県内3つの養豚場が出荷した13頭にとどまったということです。
セリに出されたブタの減少はセンターの受け入れがストップし県外からの出荷がなかったことなどが要因で、センターは翌週には通常の頭数でのブタのセリが行われると見込んでいます。
またこの日は、県の養豚協会が長崎知事に、国に対しブタへのワクチン接種を国に働きかけるよう求める要望書を提出しました。


919日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース