ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

山梨側は18万5000人余 富士山登山者 過去2番目に少ない

2019.09.11 19:30

富士山は9月10日で夏山シーズンが終わりました。
今シーズンの山梨県側からの登山者は18万5000人余りで去年より1万人以上減少し世界遺産登録後では過去2番目に少なくなりました。
山梨県側で7月1日に山開きとなった富士山は10日で夏山シーズンが終わりました。
富士吉田市によりますと今シーズンに山梨県側の6合目を通過した登山者は18万5807人で去年より1万867人、率にして5.6%減少しました。
登山者の数は富士山が世界文化遺産に登録された2013年以降では過去2番目に少なくなりました。
これは去年秋に山頂付近の石積みが崩れシーズン当初、山頂まで登れなかったことや天候不順が重なったことが主な要因です。
また、8月富士山では10年ぶりに落石による死亡事故が発生し、9月9日は7合目と8合目の2軒の山小屋で落石で屋根や柵の一部が壊れる被害もあり、登山道の安全確保が課題となっています。


911日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース