ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

養育困難な子どもの未来は 児童虐待問題 知事と意見交換会

2019.09.04 19:57

社会問題になっている児童虐待の問題です。
貧困や虐待によって養育が困難なこどもの未来を考えようと長崎知事と養護施設の関係者らによる初めての意見交換会が9月4日、山梨県庁で開かれました。
この意見交換会は知事が山梨県民の生の声を聞くことで県の課題の把握や解決に生かそうと開かれました。
4日は県内の児童養護施設と里親、あわせて20人が参加して、児童虐待の実情や必要な支援を知事に直接訴えました。
虐待などで親から離れ、施設や里親が養育している17歳以下の県内の子ども361人ですが、児童虐待に関する相談件数は年間で1000件を超えています。
このため参加者からは施設や里親家庭に暮らす子どもの支援にとどまらず、在宅の子どもや自立後の生活支援も行う県の総合拠点の整備を求める意見もあがりました。
長崎知事は課題を整理して実現可能なものから反映し、情報交換を続けたいと話し虐待問題に取り組んでいく姿勢を示しました。


94日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース