ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

平和の大切さ呼びかける 終戦の日 街頭活動や市民演劇

2019.08.15 19:20

8月15日、山梨県甲府市内では平和を呼びかける街頭活動や太平洋戦争をテーマにした市民演劇の上演が行われました。
JR甲府駅前では県平和センターなど4つの団体による街頭活動が行われました。
およそ30人の参加者はポケットティッシュを配りながら、次の世代に戦争の悲惨さを伝え語り継ぐことの大切さを呼びかけました。
また、それぞれの団体の代表らが交代で演説を行い、「終戦の日の8月15日をきっかけにあらためて平和を考えてほしい」などと訴えました。
また太平洋戦争をテーマにした演劇も市内で上演されました。
舞台では、朝鮮半島から引き揚げる道中での略奪や暴力、それに旧豊村の開拓団の集団自決といった悲劇が再現されました。
出演した人たちは戦争に巻き込まれ苦難を味わった人々の思いを熱演し、平和の尊さを訴えていました。


815日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース