ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

当主が代々受け継ぐ 武田家の国宝よろい 6年ぶり公開

2019.08.07 19:40

武田家の当主が代々受け継いだという国宝の鎧かぶと。
山梨県甲州市の神社で8月7日、6年ぶりに公開され、県の内外から大勢の人が訪れました。
公開されたのは武田家の当主が家督を継ぐ際に代々受け継いだという国宝の「小桜韋威鎧 兜、大袖付」です。
所有する甲州市塩山の菅田天神社が時代が令和になったことなどを記念して6年ぶりに公開し午前中から長い列が出来ました。
この鎧かぶとは武田家の始祖とされる平安時代の武将、源義光から伝わり、武田信玄公が甲府の守り神としてこちら菅田天神社に納めました。
胴の部分に獅子をあしらい桜の文様が入っていることが特徴で、訪れた人たちは写真に収め熱心に見入っていました。
菅田天神社は一般公開を毎年実施できるか甲州市と検討したいとしています。


87日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース