ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

仕入れ価格が4割高も 続く日照不足 野菜が品薄状態

2019.07.18 20:20

日照不足が続く山梨県内ですが、7月18日現在、スーパーでは野菜が品薄状態となっています。
中には仕入れ価格が2割から4割値上がるなど、県民の食卓にも影響が出ています。
甲斐市内のアマノパークス甲府バイパス店では、日照不足で野菜が品薄状態で、入荷しても野菜や果物の色づきが例年より悪いということです。
仕入れ価格も梅雨入りしたばかりの1か月前と比べると、きゅうりは4割、なすは2割ほど値上がりしていて販売価格を上げざるを得ませんでした。
店では比較的、価格変動の少ない、契約栽培の野菜を中心に売り出すなど、買い物客の負担を減らす取り組みも行っていますが、それにも限界があるといいます。
7月1日から17日までの17日間の日照時間は大月が7.6時間で平年の1割、甲府は25.5時間で3割に留まっていて日照不足は食卓にも影を落としています。


718日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース