ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

やまなし地方創生会議 若者の県内就職減少で流出進む

2019.07.17 20:30

山梨県内に就職する若者を増やそうと県内の大学や自治体、企業の代表が集まりました。
その会議の中で昨年度の大学を卒業した人の県内就職率が2年連続で減少したことが報告され、若者の人材確保の難しさが浮き彫りになりました。
この会議は雇用を増やし若者の県内への就職を促進しようと山梨大学が中心となって立ち上げ、自治体や経済団体などが参加しています。
会では県内の8つの大学と横浜市立大学を卒業した学生の今年度の県内の就職率を40.5%にする目標を掲げ、これまで大学の講義やイベントを通して地域社会と学生をつなぐ事業をしてきました。
そして17日の会議で昨年度の県内就職率が30.1%と2年連続で減少し、年度目標の36%に届かず今年度の目標の40.5%にほど遠い状況が報告されました。
山梨大学では若者の県外流出の理由として、ここ数年、学生の売り手市場になっていて給与面などで条件が良い都会に流れる傾向が強まっているとみています。
これを受け、会では今後大学1年生や2年生といった早い時期から県内企業との交流機会を増やし企業と学生との関係づくりを強化していくことにしました。


717日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース