ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

ユネスコエコパーク登録 南アルプスを活用へ 観光で検討委

2019.07.16 19:20

ユネスコエコパークに登録されている南アルプスに観光客を呼び込もうと山梨県や関係団体などが検討委員会を発足させました。
山梨、静岡、長野の3県にまたがる南アルプスの一帯は、5年前の2014年にユネスコのエコパークに登録されました。
長崎知事はこの南アルプス観光のブランド化を公約に掲げていて山梨県は7月16日、関係する4つの市と町、それに有識者や観光団体などで構成する検討委員会を立ち上げました。
そして、観光振興に向けてた新たなビジョンを今年度中に定めることを決めました。
南アルプスは知名度や観光客の呼び込みが課題となっています。
地元、南アルプス市の調査ではエコパーク登録を知っている市民は33パーセント、3人に1人に留まっています。
また、去年の県内の観光客はおよそ3768万人余りとなっていますがこの内、南アルプス周辺にはおよそ187万人で全体で5パーセントに過ぎません。
委員会では、8月中に各自治体や団体が取り組んでいる事業や周辺地域も含めた観光資源をまとめ、具体的な検討に入ることにしています。


716日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース