ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

今年は出荷量減少か 東京・大田市場 知事がモモPR

2019.07.08 19:55

山梨県の長崎知事が東京都の大田市場を訪れ、まもなく出荷の最盛期を迎える県産のモモをPRしました。
しかし、今年は5月のヒョウ被害などで出荷量に大きな影響が出る見通しです。
7月8日朝、長崎知事は全国一の取扱量を誇る東京都の大田市場を訪れました。
そして市場関係者に旬を迎えた加納岩白桃の試食を勧め県産モモの美味しさを伝えていました。
JAによりますと今年は玉張りが良く、味も例年通り申し分ないということです。
しかし、5月に特産地の峡東地域を中心にひょうが降ったことや去年9月の台風でモモの木の幹や枝が折れる被害も出ていて、今年の県内の出荷量は、去年のおよそ1万8000トンを下回る見込みです。
各JAでは、ひょう被害で表面に傷があるものの味に影響がないモモを“ひょう果”という名称で特別に市場に出すなど、被害農家を支援する対応をとっていて長崎知事もこれに最大限協力する考えを示しました。
なお、モモの出荷は7月中旬に最盛期を迎え、8月の中旬まで続く見通しです。


78日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース