ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

当事者のメッセージからLGBTを考える展示会

2019.07.07 18:00

当事者のメッセージからLGBTを考える展示会

同性愛者などの性的マイノリティ、いわゆるLGBTについて考える展示会が山梨県の甲府市役所で始まりました。
これは甲府市にあるLGBTの支援団体「CoPrism(コプリズム)」が毎年行っているものです。
会場では県内の当事者やその家族といった関係者約100人から寄せられたメッセージが展示されていて、性の多様性を認める社会づくりを訴えています。
また、パネルには性的マイノリティについて、からだの性やこころの性などさまざまな要素があることが書かれていて、「性」は「男か女か」では二分できないことが説明されています。
性のあり方について考えるこの展示会は、今月17日まで甲府市役所で開かれています。


77日(日)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース