ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

報告書をユネスコが大筋で承認 富士山の世界文化遺産 登録継続へ

2019.05.21 20:05

国がユネスコに提出した富士山の保全に関する報告書が5月21日大筋で承認されました。
これにより富士山の世界文化遺産の登録が継続される見通しとなりました。
富士山の世界文化遺産の登録継続を巡ってはユネスコから登山客の混雑への対策が求められています。
これに対し山梨・静岡の両県は夏山期間の1日当たりの登山者数の水準を山梨県側の吉田口で4000人以下静岡県側の富士宮口で2000人以下など数値目標を盛り込んだ保全状況報告書をまとめ国がユネスコ世界遺産センターに提出していました。
この報告書について、ユネスコの諮問機関が審議を行い、大筋で承認するという意見を公表しました。
登山者数を把握して混雑の分散化を図っていることが高く評価された一方で、来年12月までにこの保全対策の結果を報告するよう求めています。
保全状況報告書は6月30日に世界遺産委員会で審議され、富士山の世界文化遺産登録の継続が正式に承認される見通しです。


521日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース