ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

ブドウの産地 勝沼中の生徒「ジベ処理」農業体験

2019.05.20 19:20

ブドウの産地、山梨県甲州市で5月20日、地元の中学生が種なしブドウを作るための作業を体験学習しました。
この体験実習は特産のブドウ栽培に関心を持ってもらい農業の後継者を育成しようと甲州市役所やJAフルーツ山梨が毎年行っています。
地元の勝沼中学校2年生の80人が参加し勝沼町の4つの地区に分かれて農業体験をしました。
このうち菱山地区の三森斉さんが所有するおよそ6アールのブドウ畑では種なしデラウェアを作るためのジベレリン処理作業が行われました。
参加した生徒はデラウェアのつぼみ全体を赤い薬品に漬け込むことや薬品のつけ忘れがないよう順路を決めてやることを注意しながらブドウづくりを体験しました。
峡東地域では雹の影響でブドウの葉が損傷するなどの被害が確認されていて農家は天候に左右される農業の大変さも伝えていきたいと話します。
作業したデラウェアは順調にいけば7月末から8月上旬にかけて収穫される予定です。


520日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース