ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

産業廃棄物は約7トン 不法投棄の韮崎市議に有罪判決

2019.05.13 19:44

産業廃棄物およそ7トンを不法に埋めた罪に問われている山梨県韮崎市の市議会議員に甲府地方裁判所は5月13日、懲役1年6ヵ月執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。
廃棄物処理法違反の罪に問われているのは、韮崎市の市議会議員、輿石賢一被告74歳です。
判決によりますと輿石市議は、2018年3月、会社の従業員と共謀し、廃タイヤなどの産業廃棄物およそ7トンを甲府市内の会社の敷地に埋めたとされています。
判決公判で甲府地裁の望月千広裁判官は、輿石市議が、従業員に指示して犯行を主導したことから厳しい非難は免れないとしました。
一方ですでにすべての廃棄物を撤去していることなどを考慮し、市議に、懲役1年6ヵ月、執行猶予3年の有罪判決と罰金50万円を会社に、罰金300万円を言い渡しました。
輿石市議は、市議会から2度の辞職勧告を出されていますが裁判では今年10月の任期満了まで市議を務めると述べていて有罪判決の後の取材には応じませんでした。


513日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース