ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

設置義務付けも県内は 山梨県で火災警報器 設置率アップ作戦

2019.05.10 19:25

火災が起きたことを瞬時に知らせる住宅用の火災警報器の設置率をあげようと消防本部が新たな取り組みを始めました。
火災の発生を感知し光や音で知らせる住宅用の火災警報器は、2011年に設置が義務付けられましたが、県内の設置率は(去年が)77%で全国平均を下回る状況が続いています。
そこで甲府地区消防本部は一般の住宅を訪問して直接設置を呼び掛ける活動を5月10日スタートさせました。
このうち甲府市内の住宅では女性の職員が設置の状況を確認して、10年を目安に交換することなどをアドバイスしました。
甲府地区消防本部は3年かけて、甲府市や甲斐市などおよそ8万7000世帯を訪問する予定で、火災警報器の設置率の向上を目指します。
消防庁によりますと火災警報器の設置で住宅火災で死亡する割合が4割減り、眠っていると火事に気付きにくいため寝室に設置することが必要ということです。


510日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース