ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

県産木材の供給拡大へ 山梨県誘致の大規模工場完成

2019.05.10 19:25

山梨県が身延町に誘致した東京の木材加工会社の大規模な工場が完成し、5月10日、記念の式典が行われました。
この工場では県産木材の35%が活用され新たな地元の雇用も生まれました。
身延町下山に完成したのは東京・江東区に本社がある木材加工会社キーテックの工場で関係者およそ200人が出席して記念の式典と見学会が開かれました。
キーテックは一般住宅を中心に壁や床に使用する「合板」の加工が主力で、林業が盛んな峡南地域へ山梨県が誘致しました。
工場の面積は東京ドームの1.6倍となる7万4000平方メートルで、総事業費は85億円でこの内21億円を県が助成しました。
この工場ではキーテックとしては初となる国産木材を100%使用した合板を製造します。
合板にはアカマツやスギなど県産木材の年間生産量で35%にあたる6万立方メートル分の木材が原料として使用される予定です。
また地域住民およそ30人が新たに雇用されました。
この工場は5月13日に本格的に稼働します。


510日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース