ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

初夏の魅力 山梨県でハウス栽培のモモ初出荷

2019.04.19 19:45

山梨県笛吹市で4月19日、ハウス栽培のモモが初出荷されました。
初出荷されたのは農業用ハウスで栽培された育成期間が短い極早生品種のモモ「はなよめ」です。
JAふえふきの共選所には笛吹市石和町のモモ農家1軒から114個、およそ17キロが持ち込まれ、最高ランクの「秀」の判子が次々と押されていました。
JAによりますと今年は、季節外れの雪が降るなど気温の差が大きかったためモモの栽培には厳しい環境でしたが、温度管理を徹底したことで玉張りがよく、色づきの良い甘い桃に仕上がったということです。
今朝出荷した農家で、採れたてのモモをいただきました。
「はなよめ」は果汁が多く上品な甘みが特徴で贈答用としても人気と言うことです。
出荷されたモモは首都圏や関西の市場で1キロ1万5000円から2万円で取り引きされるということです。
今年の出荷は県内全域で106トンを見込んでいて、5月中旬にピークを迎えます。


419日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース