ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

笛吹市官製談合事件 元職員と社長に求刑

2019.03.20 19:05

山梨県笛吹市が発注した工事の入札を巡る官製談合事件の裁判です。
20日の裁判で検察は、価格の情報を業者に漏らしたとして、市の元課長に懲役1年6か月、元社長に懲役1年をそれぞれ求刑しました。
官製談合防止法違反などの罪に問われているのは、笛吹市環境推進課の元課長・志村一仁被告55歳と市内の住宅設備会社の元社長・浅川順一被告57歳です。
起訴状などによりますと志村被告は2017年10月、笛吹市が発注した上水道工事の価格情報を浅川被告に漏らして落札させ、公正な入札を妨げたとされています。
甲府地裁で開かれた論告求刑公判で検察は「公正な入札制度の根幹を大きく揺るがす非常に悪質なもの」と指摘し志村被告に懲役1年6か月、浅川被告に懲役1年をそれぞれ求刑しました。
一方弁護側は「被告は反省し社会的制裁を受けている」として執行猶予の付いた判決を求めました。
判決は今月26日に言い渡されます。


320日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース