ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

5年前のフィリピン保険金殺人で日本人の男を逮捕

2019.03.15 19:00

フィリピンのマニラで、山梨県韮崎市の男性が保険金目的で殺害された事件で、地元の警察は15日、犯行を手助けしたとされる日本人の男を殺人容疑で逮捕しました。
この事件は5年前の2014年10月、フィリピンのマニラで、韮崎市の整骨院経営、鳥羽信介さん(当時32)が保険金目的で銃で撃たれ殺害されたものです。
フィリピンの警察は15日、広島県出身の小林健一郎容疑者(61)を殺人容疑で逮捕しました。
小林容疑者は犯行グループに実行役の男を紹介するなど、鳥羽さんの殺害を手助けした疑いです。
逮捕直後、JNNの取材に応じた小林容疑者は殺害のアドバイスをしたと話しました。
小林容疑者の逮捕について鳥羽さんの父・和郎さんはUTYの取材に「墓前で息子に報告しました。
逮捕はありがたいので起訴されることを望んでいます」と話しました。
この事件では、男女4人が山梨県警に逮捕され一審の甲府地裁で有罪判決が出ています。
このうち一審で死刑を言い渡され控訴した、笛吹市の岩間俊彦被告の控訴審の初公判が今月26日、東京高裁で開かれる予定です。


315日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース