ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

国の重要文化財で40年ぶりに屋根葺き替えへ

2019.03.07 19:10

山梨県韮崎市にある国の重要文化財で武田家の氏神でもある武田八幡宮の本殿では、屋根を特殊な技法で約40年ぶりに葺き替えることになり、7日、安全祈願祭が行われました。
平安末期に建てられた武田八幡宮は戦国時代に武田信玄公が本殿を再建し、長年、武田家の氏神として崇められました。
ヒノキの皮でふき前方が長く伸びた屋根が特徴で、国の重要文化財に指定されています。
この屋根が苔むして老朽化したため約40年ぶりに吹きかえ工事を行うことになり7日は工事の安全祈願祭が行われました。
屋根の葺き替えは細く整えた竹を釘の代わりに使用する全国的にも珍しい工法で行われ、全国から選ばれた特別な技術を持つ職人が作業にあたることになっています。
工期は今年8月25日まで、約5000万円の改修費の一部には地元住民の寄付があてられるということです。


37日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース