ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

富士山入山料、今夏から対象拡大へ 5合目から先に立ち入る人に徴収

2019.03.06 18:50

6日、世界文化遺産の富士山の保全のあり方を協議する会議が開かれました。
会議では、入山料の対象を山頂を目指す登山者から今年夏から5合目から先に立ち入る人へ拡大する方針を決定しました。
富士山に夏山シーズン中は山頂を目指す登山者から任意で原則1000円を集める富士山保全協力金、いわゆる入山料を5年前から導入しています。
しかし山頂を目指す人と5合目周辺を散策する人の差別化が出来ず徴収する現場で混乱も起き、山梨県側では協力する人の割合が目標の70%に届かない状況が続いています。
静岡県富士市で行われた会議では、入山料については徴収の対象をこれまでの山頂を目指す登山者から、5合目から先に立ち入る人に拡大する方針を決めました。
山梨県側では5合目のロータリー近くにある泉ヶ滝を通過する人からが入山料の対象となり、ここ数年増加している6合目付近をハイキングする観光客も対象にするとしています。入山料の対象の拡大は今後の山梨・静岡両県の会議で正式決定となり、2つの県は富士山を訪れる登山者や観光客への周知を急ぎ協力する人の割合の向上を図ることにしています。


36日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース