ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

シルバー人材を活用 空き家管理で山梨の2市1町が協定

2019.03.05 18:50

放置され地域の課題となっている空き家を適正に管理するため山梨県では5日、甲斐市など2市1町がシルバー人材センターと協定を結びました。
協定を結んだのは甲斐市と中央市、昭和町と峡中広域シルバー人材センターです。
協定では空き家について自治体が所有者にシルバー人材センターを紹介し所有者が有料で巡回や草取りなど管理を依頼します。
この2市1町にはおよそ1300件の空き家がありこのうち中央市ではおととし所有者不明で倒壊のおそれがあった空き家を市がおよそ90万円かけて取り壊す行政代執行を行うなど空き家の管理が課題となっています。
今回の協定で自治体側は空き家を最低限、管理し防犯上の効果も期待しています。
また、シルバー人材センターは2市1町の商工会とも修繕や解体する際に地元業者を紹介する協定を結び行政と地域の力を結集して空き家問題の解消を図りたいとしています。


35日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース