ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

撃退率は9割超、新たな獣害対策

2019.02.26 18:50

撃退率は9割を超えます。
山梨県総合農業技術センターの成果発表会が山梨県甲斐市で開かれ、新たな鳥獣害対策が報告されました。
26日は、山梨県総合農業技術センターの各部署が野生動物による被害対策など、研究成果を発表しました。
このうち、動物が侵入しやすい畑の出入口などの対策では、10センチ間隔で鉄板を地面に斜め設置する方法が発表されました。
この方法だと、車や人は鉄板の上を渡れますが、動物は蹄が滑るためイノシシは98%、シカ97%が撃退できたという実験結果が報告がされました。
この技術は、大がかりな工事は必要なく、低コストで済むことも特徴です。
「最終的に収穫して収入の糧になることがポイントになるので、一つひとつ塞いでいく、そういう意味では普及して農家に使ってもらうことが大切」(県総合農業技術センター本田剛主任研究員)。
鳥や獣による農林業被害が昨年度およそ4億6000万円で、県総合農業技術センターでは、こうした新しい技術を被害の軽減に活用してほしいとしています。


226日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース