ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

淡水のみ生息「マミズクラゲ」展示期間が日本一

2019.02.25 19:15

淡水のみで生息するクラゲ「マミズクラゲ」のニュースです。
このクラゲ、飼育が難しいのですが山梨県忍野村の水族館が連続での展示期間で国内最長記録を達成しました。
「マミズクラゲ」の体長は大きいもので5円玉ぐらい、淡水でのみ生息が可能で山梨県内では河口湖や千代田湖などで見つかっています。
このクラゲを飼育、研究している忍野村の富士湧水の里水族館が25日、連続での展示記録では国内最長となる534日を達成しました。
マミズクラゲは寿命が3、4か月と短く塩素などで水が汚染されたりすると、すぐに死んでしまうため、水質や温度管理を徹底し今回の記録達成になりました。
富士湧水の里水族館では飼育方法を更に研究し「マミズクラゲ」の飼育記録の延長を目指すことにしています。
なお、あす26日・火曜日はお休みということです。


225日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース