ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

強盗致死罪、25歳男に懲役30年を求刑  

2019.02.22 19:07

山梨県甲府市朝気の住宅に強盗目的で押し入り、会社役員の男性を死亡させた罪などに問われた男の裁判員裁判で、検察は25歳の被告に懲役30年を求刑しました。
山梨県甲斐市富竹新田の金丸拓人被告(25)は他の男と共謀して3年前の8月、甲府市朝気の住宅に強盗目的で押し入り、会社役員の若宮利雄さん(当時73)を暴行して死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われています。
22日の裁判で検察は、金丸被告は住宅内の物色を続けて、金品を奪うことに強い執着が感じられ、悪質な強盗傷害や窃盗も繰り返したとして懲役30年を求刑しました。
一方、弁護側は犯行を計画したのは共犯の男で、金丸被告は指示に従ったに過ぎないなどと主張し、懲役25年が相当と訴えました。
判決は今月28日に言い渡されます。


222日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース